2007年05月18日

給与を手取りから逆算する機能の料率を更新しました

長らく更新を止めてしまっておりましたが、やっと料率の変更を行いました。

1月から所得税の税率が変更され、4月から雇用保険料の料率が変更されたので、さすがにこのまま放置するのは良くないと思い、変更を行いました。

ぜひご利用ください。

今後ですが、この逆算機能を使っていただいた際に、年齢と性別を入れていただいた方の分について、統計を取って出していきたいと思っています。


人気ブログランキング 人気ブログランキング、ぜひワンクリックお願いします。

投稿者 kinou : 22:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月02日

給与を手取りから逆算する機能がYahoo!に掲載されました。

先日公開した「給与を手取りから逆算する機能」をYahoo!へ登録申請をしたところ、すぐに掲載OKとの返事があり、11月28日に掲載されました。

掲載場所は、「職業と雇用 > 賃金、給与」です。

結構たくさんの方々に使っていただけているようです。

次はこの結果を使って、この機能を使う方向けへの情報提供を考えたいと思います。

ただ、ふと思うのが、この機能を使うと良くわかるのですが、社会保険は高いですね。

これだけの手取りをもらうのに、こんなにも社会保険を払うのかと・・・。

作った本人がしみじみとしてしまいます。


人気ブログランキング 人気ブログランキング、ぜひワンクリックお願いします。

投稿者 kinou : 00:28 | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月13日

給与を手取りから逆算する機能が完成

給与を手取りから逆算する機能が完成が完成しました!

これです→「給与を手取りから逆算する機能

手取り金額を入力して「逆算する」ボタンを押すと、必要な給与支給額(基本給)がわかります。

入力は基本的には手取り金額だけでも大丈夫です。

経営者向けには、新しく採用する従業員の給与額を決める際に参考にしていただけます。

サラリーマン向けには、欲しい手取り金額に達するためには、基本給でいくら必要なのかを知ることができます。

いろいろ計算してみてください。

また、可能なら、ニックネーム、年齢、性別も入れてください。

統計を出して、面白い情報を提供できないかとも考えています。

よろしくお願いします。

給与を手取りから逆算する機能


人気ブログランキング 人気ブログランキング、ぜひワンクリックお願いします。

投稿者 kinou : 19:05 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日

所得税の計算について

所得税について勉強しました。

所得税は、支給総額から、通勤手当(非課税分)、健康保険料、介護保険料、厚生年金、雇用保険料を引いたもの(課税対象額といいます。)にかかります。

計算方法は2つあります。

1つは、「給与所得の源泉徴収税額表」を使って、課税対象額と扶養親族等の数の交わったところから税額を調べる計算方法です。

給与計算ソフトを使わずに手で計算する場合は通常こちらを使います。

もう1つは、給与計算ソフト向けに国税庁から出されている、「月額表の甲欄を適用する給与等に対する税額の電算機計算の特例について」に書かれた方法です。

給与を手取りから逆算できる機能では、こちらを使って計算をします。

課税対象額から、下記の1~4までの合計をひきます。

1.給与所得控除の額を求めます。
   第1表に課税対象額をあてはめて求めます。

2.配偶者控除の額を求めます。
   配偶者がいれば、31,667円です。

3.扶養親族控除の額を求めます。
   扶養親族の数かける31,677円です。

4.基礎控除の額を求めます。
   一律31,677円です。

次に、この金額を第3表にあてはめて完了です。
所得税額が出てきます。


人気ブログランキング 人気ブログランキング、ぜひワンクリックお願いします。

投稿者 kinou : 22:54 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日

雇用保険料の計算について

雇用保険料について勉強しました。

雇用保険料は事業の種類によって料率が違います。

一般は「19.5/1000」で、被保険者(従業員)が負担するのは「8/1000」です。
農林、水産、清酒製造は「21.5/1000」で、被保険者(従業員)が負担するのは「9/1000」です。
建築は「22.5/1000」で、被保険者(従業員)が負担するのは「9/1000」です。

支給総額従業員が負担する料率をかけて、雇用保険料が計算できます。

なお、4月1日の時点で64歳以上の従業員は雇用保険料は免除となっています。

給与を手取りから逆算できる機能では、事業の種類の選択を設置します。


人気ブログランキング 人気ブログランキング、ぜひワンクリックお願いします。

投稿者 kinou : 23:46 | コメント (0) | トラックバック (0)