« 給与ソフト一覧 | メイン | 給与を手取りから逆算できる機能を作成開始 »

2005年02月26日

給与計算の基礎

給与計算の大まかな流れは下記のとおり。

まず、基本給と残業手当をはじめとした各種支給手当を足して支給総額を出す。

次に健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料を控除する。

健康保険料と厚生年金保険料は、基本的には年に一度決めたものを年間通して同じ。

雇用保険料は毎月計算する。ちなみに今年4月から料率が1000分の2アップ。

通勤手当などの非課税のものがあれば、ここで控除して所得税を計算。

市町村からの住民税とその他の控除するものがあれば控除。

これで差引支給額、いわゆる手取りが計算される。

小さな会社のかんたん給与計算事務わかりやすい解説と豊富な書式例小さな会社のかんたん給与計算事務わかりやすい解説と豊富な書式例

著者:山本雅章 / 山本礼子
出版社:ぱる出版
本体価格:1,600円
図解給与計算事務ができる本最新版出勤簿・賃金台帳の準備から源泉徴収、社会保険事務年図解給与計算事務ができる本最新版出勤簿・賃金台帳の準備から源泉徴収、社会保険事務年

著者:土屋彰
出版社:日本実業出版社
本体価格:1,400円


人気ブログランキング 人気ブログランキング、ぜひワンクリックお願いします。

投稿者 kinou : 2005年02月26日 23:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kinoulab.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/5

コメント

コメントしてください




保存しますか?